その他の主な対象疾患

眼の気になる症状がおありの方へ

眼の病気には色々な症状がありますが、いずれの場合も、気になる症状があればまずはお早めに眼科を受診されることをお勧め致します。
以下に主な目の病気を記載しておりますので、該当する症状などがおありの際は、ぜひ当院にご相談下さい。

結膜炎

白目やまぶたの裏側が充血することや、ブツブツができることがあります。目やにやかゆみ、まぶたの腫れなどの症状が出たら、結膜炎の可能性があります。結膜炎には、細菌、ウイルス、アレルギー物質などいろいろな原因があります。特に、ウイルス性の結膜炎は、ウイルスの種類によって、流行性角結膜炎(はやり目)、咽頭結膜炎(プール熱)、急性出血性結膜炎があります。

いずれも伝染力が強く特効薬もないので、注意が必要です。また、アレルギー物質によって起こる結膜炎は、ハウスダスト、草や木の花粉などが要因です。最近では特に花粉症に伴うアレルギー性結膜炎が、非常に多くの方に発症しています。治療には、点眼薬の使用が効果的です。

結膜下出血

白目にべったりと赤い血が広がる結膜下出血は、みなさん大変驚いて眼科にいらっしゃいますが、たいていの結膜下出血は1~2週間で自然に吸収されますので大丈夫です。

ただし、何度も繰り返したり、なかなか赤みが引かない場合は相談下さい。高血圧や糖尿病などが原因となっていることもあるので、その場合は原因の病気をきちんと治療する必要があります。また、通常の結膜下出血は、痛みやかゆみ、見えにくいなどの症状を伴いません。これらの症状を自覚したらお早めの受診をお勧め致します。

角膜炎

黒目の部分は、角膜といって、外の光を目の中に導く窓であり、水晶体と並んでレンズの役割を果たしている組織です。ここから入った光が網膜の上で像を結ぶことで、初めてものが見えるのです。透明な角膜が濁ったり、変形を起せば、視力には大きな影響を及ぼすことになります。

細菌やウイルス、カビの一種の真菌などが感染して、この黒目の部分に炎症が起こる病気を角膜炎といいます。 眼科の受診が遅れると、治りが遅くなったり、視力の低下が起こったりしますので、目の痛みや目ヤニ、充血などを感じたら早めの受診をお勧め致します。
また、角膜炎はコンタクトレンズの不具合からも起こりますので、コンタクトレンズは眼科医の指示に従い、充分注意して使用しましょう。

麦粒腫

一般的には「ものもらい」とも呼ばれています。医学的には麦粒腫といい、まぶたの脂腺や毛根に細菌が感染し、炎症を起こした状態を指します。症状は眼の充血、痛み、かゆみなどがあります。つい目をこすってしまいがちですが、症状を悪化させてしまうため、絶対にこすってはいけません。
麦粒腫は感染症であるため、治療には抗生物質の点眼薬を使います。化膿して腫脹が強い場合は切開が必要になることがあります。症状があればお気軽に当院までご相談下さい。

霰粒腫

目の表面は常に涙でカバーされています。この涙がすぐに蒸発しないように、涙の表面は微量の油分でおおわれています。まぶたでこの油分を分泌するのがマイボーム腺です。このマイボーム腺の出口がふさがってしまうと、まぶたがゴロゴロとする肉芽腫ができます。これが霰粒腫です。

霰粒腫には痛みや充血はありませんが、細菌に感染して化膿すると痛みや充血があります。高齢者の方の場合、まぶたのゴロゴロはまれに癌ということもあるため、そのような症状があれば眼科を受診されることをお勧め致します。

眼精疲労・VDT 症候群

パソコンやゲームなどで私たちの目はとても酷使されています。
軽い目の疲れは休めば治りますが、頑固な疲れになると休んでもなかなか治らず、頭痛や吐き気などの症状へとつながることもあります。このような状態におちいる目の疲れを眼精疲労と呼んでいます。

パソコンやゲームの画面を見つめていて起こるために、VDT症候群、テクノストレス眼症とも言われます。
大切な目のために酷使は避け、定期的に休息を取るように心がけましょう。また眼鏡、コンタクトレンズの不具合も眼精疲労の原因となりますので、定期的なチェックが必要です。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、様々な原因により瞼が下がった状態です。
原因は主に、先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂に大別され、先天性眼瞼下垂は、生まれつき瞼を上げる筋肉の力が弱いためによって起こり、後天性眼瞼下垂は、多くは加齢や長期間のコンタクトレンズの使用によるもの、外傷や内眼手術後に起こるもの、脳動脈瘤や動眼神経麻痺、重症筋無力症、ホルネル症候群などの疾患の1症状として起こることがあります。

先天性眼瞼下垂は、眼瞼挙筋を短くするといった手術で治療し、後天性眼瞼下垂手術は、下垂の程度にあわせ瞼をあげる筋肉を縫い縮めたり、挙筋腱膜の機能を修復したりと術式が数種類あります。

内反症(さかさまつげ)

内反症とは、まつげあるいは瞼縁の皮膚が眼球表面と接触してしまう状態のことです。それらにより角膜が刺激され、涙が多く出る、異物感、メヤニなどの不快な症状を引き起こします。内反症が原因となる症状は、手術で改善することができます。
尚、内反症は先天性眼瞼内反症と加齢性眼瞼内反症に大別され、それぞれ手術方法が異なります。

涙道閉塞

涙道閉塞は、涙の排出路が詰まる病気です。
涙は瞼の涙腺で作られ、目の表面を潤した後、目頭にある小さい排水口「涙点」→「涙小管」→「涙嚢」→「鼻涙管」→「鼻腔」に抜けて行きます。この排出路のどこかが詰ると涙の排水が出来なくなります。
涙道閉塞の治療は、涙嚢鼻腔吻合術という直接涙嚢と鼻腔に吻合孔(バイパス)を作成する手術となります。涙道の手術は、眼科と耳鼻科の両方の知識が必要とされますので、手術の際は、信頼できる高次医療機関へ適切にご紹介致します。