眼鏡・コンタクト処方

眼鏡・コンタクトレンズを希望される方へ

どんなに優れた眼鏡・コンタクトレンズでも、眼の状態を正しく知ることが出来なければ、レンズ性能を100%発揮させることが出来ません。
また、眼疾患がきちんと治療されていることが大前提です。40歳を過ぎたら、定期的に眼科を受診し、いつまでも眼の健康を保ち続けましょう。

眼鏡について

視機能は年齢と共に低下し、様々な形で私たちの健康に影響を与えます。視力は脳が判断するため、疲労は気づかれないうちに脳に蓄積され、ストレスから全身症状を引き起こす例もあります。適切な眼鏡の補正により、これらの症状を軽減することが可能な場合があります。視環境に応じたレンズ度数・レンズタイプを決定することが、快適な眼鏡処方には不可欠です。

眼鏡処方箋は眼科医処方による正確かつ装用良好な眼鏡を木曜及び土曜の午後に御予約にて作成いたしております。 ご希望の方はお電話でご相談下さい。

中高年の方の眼鏡

40歳を過ぎてから近くの文字が見えづらくなる、老眼は水晶体の調節能力低下によりピントが合わせにくくなる症状ですが、単なる老眼ではなく、白内障や緑内障などの他の眼疾患が要因のこともあります。当院では、眼科専門医が、医学的な検査を行うことにより、目の病気があれば適切に治療し、その上で、生活環境に適合した眼に負担のかからない「生活視力に最適な眼鏡」を処方致します。

お子様の眼鏡

お子様は、ものが見えにくくても上手に表現することができず、ピントを合わせるために無理な調節力を働かせ、眼が疲れて集中力、思考力が落ちて、物事に気が入らなかったりします。
おかしいなと感じられたら眼科専門医によりチェックを受けた上で、目の発達期を逃すことのない、お子様の「目の成長を促す眼鏡」を処方致します。

コンタクトレンズについて

当院では、コンタクトレンズは高度管理医療機器であるという原点に立ち、患者様の「目の健康=コンタクトレンズの安全性」を第一に考えています。
また、視機能の観点から、年齢と共に低下する調節力をサポートする遠近両用コンタクトレンズもお試し頂けます。

当院ではコンタクトの処方箋発行は致しておりません。
クリニックにて直接ご購入していただく形となりますのでご了承下さい。
また、コンタクト装用が全く初めての場合、処方後1週間、1ヶ月後の検診を受けていただき、それ以降は3ヶ月に1度の検診をさせていただいております。コンタクト経験のある方に関しましても、3ヶ月に1度の検診をさせていただいております。
詳しくはお電話にてご相談下さい。

コンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズは、大きく分けて、素材が硬くて黒目より小さいハードコンタクトレンズと薄くて柔らかく黒目より大きいソフトコンタクトレンズがあります。目の状態にもよりますが、初めての方には使い捨てコンタクトレンズをお勧めしています。

乱視のきつい方、円錐角膜の方は、ハードコンタクトレンズでないと視力が出ない場合があり、重症のドライアイ、アレルギー性結膜炎の方は、ハードコンタクトレンズの方が楽になる場合があります。しかし激しいスポーツでは、はずれやすかったり、ボールがぶつかった時に危ないため、スポーツ時にはお勧めできません。厚みがあり、硬いため慣れるまではしばらくゴロゴロすると思いますので、最近は装用感の良いソフトコンタクトレンズを使用する方が増えています。